近所を散歩していると今までは見たことがない光景に出会います。

 

最初の写真はお米の籾殻を焼いているところ。

数日後に同じ場所を通ったらドラム缶に灰を詰めていました。

他の田んぼでは、畝に籾殻を撒いて燃やしていました。

灰が風に乗って田んぼに飛び散っていました。

 

なんて賢いんだろう…

自然の循環を使った人間の知恵。

こういうシンプルで理にかなった事って、頭じゃなくて体に直接訴えかけてくる強さがありますね。

 

近くの宇曽川の河原には野性のコスモスが。

「ホラ」オーディオの近くに「うそ」がわ。(笑)

あまりよい意味の繋がりではないですが、なんだか縁を感じますね。

 

10分ほど琵琶湖まで車を走らせると新海浜(しんがいはま)があります。

夏は泳ぐこともできるようです。

風で波が出来ていると海のように見えます。

 

僕は海を見て育ったので、水が近くにあると落ち着きます。

琵琶湖が近くにあるのがホントに嬉しい!

 

浜辺に絵に描いたような木が生えていました。

淡水だからこんな場所にも生えるのかなー。

 

誰かが木の枝にブランコをかけていました。

友人が思いっきり遊んでいたら、ロープが切れて…

服は濡れましたが、淡水だし大丈夫、大丈夫。

 

青柳亮

2015年10月31日土曜日

稲枝の秋

horaana

400 hidacho hikone shiga japan

tel  0749 43 3090

horaana@hora-audio.jp

©2015-2018 horaana all rights reserved